2020.07.16社員教育

セキュリティ研修の目的は?情報セキュリティ対策を行おう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セキュリティ研修の目的は?情報セキュリティ対策を行おう

企業ではIT化が進み、情報の管理やデータなどは電子化しています。そこで不安になるのが、外部からの攻撃により、情報漏えいしてしまうことではないでしょうか。

他にも、社員の操作ミスにより、情報漏えいにつながってしまうことも考えられます。企業の情報を守るためには、セキュリティ対策が必要です。

この記事では、セキュリティ対策の1つである、セキュリティ研修についてご紹介します。

セキュリティ研修とは

顧客情報や個人情報などの情報漏えいは、企業の信用を失うだけではなく、損害賠償の請求にまで発展してしまう場合もあります。情報が漏えいしてしまうと、企業は大きな損害を受けてしまうのです。

情報漏えいを防ぐには情報セキュリティ対策が必要で、その対策の1つとして、社員のセキュリティ意識を高める「セキュリティ研修」が挙げられます。

セキュリティ研修では、業務に携わる社員が情報を守るための知識を得ることができるため、実施をおすすめします。

セキュリティ研修の目的は?

セキュリティ研修の目的は?

外部からの攻撃を防ぐ

研修の目的は、まず企業の情報資産を外部による攻撃から守ることが挙げられます。情報資産とは、パソコンやデータ、ソフトウェアなどの企業が守る必要のある価値のある情報を指します。

この情報資産を第三者からの攻撃によって、流出してしまうことを防がなければなりません。

外部からの攻撃は、標的型攻撃による被害がほとんどです。標的型攻撃とは、特定のターゲットを標的として狙うサイバー攻撃のことを指します。

特に多いのが、メールにウイルスを添付する手口です。ウイルスが添付されたメールのURLをクリックしてしまったり、ファイルをダウンロードしたりすることで、情報が盗まれてしまいます。

最近では、取引先になりすまして送られるケースが多く、今までのスパムメールとは見分けがつきにくくなっています。

セキュリティ研修では、こういったセキュリティ知識を身につけることによって、このような詐欺や危険を見分ける知識やスキルが身に付きます。結果、情報資産を事前に守ることができるようになるのです。

社員のセキュリティ意識向上

情報漏えいのトラブルは、第三者の攻撃よりもヒューマンエラー(人為的ミス)の方が多いといわれています。情報漏えいを防ぐには、社員一人ひとりがセキュリティ意識を持つことが大切です。

セキュリティ研修では、どのような経緯で情報漏えいしてしまうのかを踏まえ、情報を守る方法や、万が一のことがあった場合の対処法を学びます。

セキュリティ研修を通して、セキュリティについて学ぶことで、社員一人ひとりのセキュリティ意識が向上し、人為的ミスによる情報漏えいを防ぐことが可能です。

セキュリティ研修で気をつけたいこと

セキュリティ研修で気をつけたいこと

セキュリティ研修を行う場合、いくつか気をつけたいことがあります。

全員がセキュリティ研修を受ける

自分は大丈夫と思っていても、思わぬことで情報漏えいにつながってしまうことがあります。

正社員、派遣を問わず、業務に携わる全社員にセキュリティ研修を受けてもらうようにしましょう。

大手に限らず中小企業でもセキュリティ研修を行う

企業を対象としたサイバー攻撃や詐欺は、年々増えています。それは、大手だけにとどまらず、中小企業でも対象になってきています。企業の規模にかかわらず、第三者による攻撃で情報流出してしまう可能性があるのです。

ですから、大手や中小に限らず、定期的にセキュリティ研修を行い、社員には常に、セキュリティ意識を持ってもらえるように心掛けることが大切になります。

おわりに

今回は、セキュリティ研修についてご紹介しました。

情報資産を守ることで、企業の信用を守ることもできます。定期的にセキュリティ研修を行い、社員一人ひとりにセキュリティ意識を持ってもらうようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加