2020.09.01組織作り

テレワーク導入に必要なものは?テレワークに最適なツール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレワーク導入に必要なものは?
新しい生活様式として、テレワークの導入を検討している企業も多いでしょう。テレワークで必要な機材やツールには、どのようなものが挙げられるのでしょうか。

この記事では、テレワーク時に必要な機材やツールについてご紹介します。

テレワークについて

テレワークとは、離れた場所で働くという意味があります。オフィスに出社するのではなく自宅やコワーキングスペースなどで働く、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方のことです。

テレワークのメリット

テレワークには、さまざまなメリットがあります。

災害時など緊急事態のときは、リスクを分散できるので事業継続性を保つことが可能になります。

また、社員のワークライフバランスが安定することで、働き方改革につながることも期待できますし、交通費や光熱費など固定費の削減にもつながります。

テレワークのデメリット

テレワークでは、会社のシステムを外部から利用したり、会社の端末を外部に持ち出したりしますので、セキュリティ面にリスクがあります。

また、人為的なミスによりセキュリティ上の脅威が発生することもあります。テレワークの導入前には、セキュリティ研修を実施するなど、情報セキュリティに関する方針・ルールの周知徹底を行うようにしましょう。

テレワーク導入に必要なもの

テレワーク導入に必要なもの

ここでは、テレワーク導入に必要な機材や環境をご紹介します。

インターネット回線

離れた場所で働くには、インターネット回線が必要です。特に在宅勤務の場合は、インターネット回線が整っていない人もいるでしょう。その場合はモバイルルーターを用意することをお薦めします。

パソコン

パソコンもインターネットと同様にテレワークには必要な機材です。十分なスペックが備わったノートパソコンが持ち歩きやすいという点で、お薦めです。また、のぞき見による情報漏洩の危険もあるので、のぞき見防止シートも用意しておくと良いでしょう。

携帯電話

社内の方や、取引先の方と電話でのやり取りが発生することも考えられます。電話の使用頻度が高い方は、携帯電話が必要になるでしょう。オンライン上で通話ができるツールもありますが、携帯電話を持っておけば、よりスムーズに対応が可能になります。

ビデオ会議用のカメラやヘッドセット

テレワークの場合、会議は基本的にオンラインで行います。そのため、WEBカメラやマイクがあると便利です。最近のビジネス用のノートパソコンにはカメラが付いているものも多く見かけます。

ビデオ会議でスムーズにやり取りするために、ヘッドセットを用意するのもお薦めです。ヘッドセットでなくても、マイク付きのイヤホンであれば会話が可能です。

テレワーク時に役立つツールなど

テレワーク時に役立つツールなど

テレワークの導入にあたり、会社で勤務する時と同じように仕事をするためにはどのようなツールが必要なのでしょうか。ここでは、テレワークで業務を円滑に行うためのツールをご紹介します。

クラウドストレージ

資料の共有や、管理などが簡単にでき、インターネットがつながればアクセスすることができます。テレワークでも、ファイル共有などをスムーズに行うことが可能になります。

ビジネスチャット

ビジネスチャットは、ビジネス時のコミュニケーション、特に社内でのやり取りに最適なツールです。さまざまな仕事上のコミュニケーションが手軽にできるようになります。

ビデオ会議ツール

ビデオ会議を行うには、ビデオ会議の機能を備えたツールを用意しておくと安心です。ビデオ会議ツールは、ビジネスチャットに備わっていることもあります。ビデオ会議専用のツールもあるため、オンラインで頻繁に会議を行う場合は、専用ツールの準備をしておくと良いでしょう。

VPN

カフェなどの無料Wi-Fiを利用すると、インターネットを通じて、情報の盗み見や改ざんなどの危険性があります。テレワークの業務で情報を安全にやり取りするには、VPNの利用がお勧めです。

VPNとはVirtual Private Networkの略で、ネット上に作る仮想専用線のことです。情報を暗号化することで、データ通信を安全に実現する仕組みを指します。

VPNを利用することで情報を守りながら、会社のシステム等を遠隔地から利用することが可能です。

おわりに

テレワークには、さまざまなメリットがあるので、導入を検討している企業も多いことでしょう。テレワークの実現には、機材やツールなど必要なものがいくつかがあります。特に、パソコンやインターネット環境、ビジネスチャットツールは必要になるでしょう。

また、導入前には、セキュリティ研修や運用ルールの共有を実施する事をお勧めします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加