2020.12.01社員教育

次世代リーダーを育成!次世代リーダー研修の内容は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

次世代リーダー研修の内容

次世代リーダーの育成を考えている経営者の方は多いのではないでしょうか。しかし、どのように育てていけば良いか分からず、悩んでいるという声は少なくありません。

そこで今回は、次世代リーダーを育成する研修についてご紹介します。

次世代リーダーとは

次世代リーダーとは、企業の次世代を担う経営幹部や経営者候補のことを言います。事業を継続するために、企業の未来を支える次世代リーダーの育成はとても大切です。

しかし、現在の日本では次世代リーダーを育てられず、後継者不足に悩んでいる企業が多く存在しています。

次世代リーダー育成の課題

育成に時間が必要

次世代リーダーを育てるには、時間が必要です。研修自体が長期にわたることもありますし、研修後も経営層にふさわしい力量が身に付くまで長い時間がかかります。

その間、次世代リーダー候補となった社員も具体的に未来をイメージすることができず、モチベーションの維持が難しくなります。

次世代リーダーを育成するための環境が整っていない

時間がかかることもあり、次世代リーダー育成の優先順位が低くなる傾向があります。他にも、育成にあたっては、周囲からの協力が必要であり、大きな負担を強いることもあるため、敬遠されてしまうことが多いのです。

次世代リーダーの育成方法

次世代リーダーの育成方法

次世代リーダーの要件を明確にする

まず、次世代リーダーに必要な要件を明確に定義する必要があります。

また、次世代リーダーの育成には時間がかかるため、周囲の協力も必要です。なぜ次世代リーダーを決める必要があるのかを、社内に周知しておくことも忘れずに行いましょう。

次世代リーダーの選抜

要件を満たす次世代リーダーを選抜します。誰を選抜するかはもちろん重要ですが、誰がどのように選抜するかも重要です。経営幹部の主観だけではなく、幅広く多角的な視点から選抜するために、経営幹部以外の人の意見を聞くこともお勧めします。

研修やトレーニングを行う

次世代リーダーとして必要な知識やスキルを研修やトレーニングで身につけさせます。

研修やトレーニングを行うことで、「自分にリーダーは務まるのだろうか?」という不安を払拭することができ、社員のモチベーション維持にもつながるでしょう。

次世代リーダー研修で学ぶ内容は?

次世代リーダー研修で学ぶ内容

では、次世代リーダー研修ではどのような内容を学ぶのでしょうか。研修で学ぶ内容の一例をご紹介します。

リーダーシップスキル

リーダーシップは、経営をしていく上でとても重要です。リーダーとしての在り方や求められるリーダーの条件、様々なリーダーシップのスタイルなどを学ぶことで、リーダーシップを発揮するためのスキルを身につけます。

コミュニケーションスキル

コミュニケーションスキルは、特に重要です。チームのメンバーの仕事を効率化したり、仕事の意義や目的を理解してもらったりするためには、高いコミュニケーション能力が必要です。

コミュニケーション能力として、話す・伝える能力を高めることはもちろんのこと、リーダーとして特に傾聴する能力を磨くことは必須です。

経営リテラシー

経営を行う上で、経営リテラシーを学びます。経営に必要な知識やスキルを学ぶ目的は、実際に自社の経営状況を分析し、事業の将来像を構想できるようになるためです。

そして、研修の効果を高めるためには、次世代リーダーの候補に上がっている方にとって学びやすい方法の研修を選ぶことも大切です。

おわりに

今回は、次世代リーダー研修についてご紹介しました。

次世代リーダーの育成は、長期間におよぶため、どうしても優先順位が低くなってしまいがちです。しかし、企業が長期的に存続するためには、次世代リーダーの育成をないがしろにすることはできません。社外研修などをうまく取り入れて、今から次世代リーダーの育成に取り掛かることが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加