2017.03.06社員教育

管理職のマネジメント能力を向上させる!マネジメントスキルの伸ばし方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

7215-00050-1

新規案件を受注し、部下へ仕事を割り振り、適切な指示を与えてプロジェクトを成功に導くためには、管理職に高いマネジメント能力が要求されます。今回は、管理職がマネジメントスキルを伸ばす方法についてご紹介します。

マネジメント能力とは

部下の能力や向き不向きを把握および分析し、作業を遅らせる障害があれば取り除き、全体の舵を取りながらゴールを目指すために求められる能力がマネジメント能力です。

スポーツの世界には「名選手、名監督にあらず」という言葉があります。選手として高い能力を持っているスポーツ選手でも、監督としてチームをまとめたり、選手を育成したりする能力を持っているとは限りません。

会社のマネジメントにおいても、同様のことが言えます。会社の場合は管理職が監督、部下が選手に当たります。一社員として優秀な方であってもマネジメント能力が備わっていなければ、管理職として成功することは難しいでしょう。多くの場合、管理職に求められるマネジメント能力は意識して身に付ける必要があります。

管理職に必要なマネジメント能力とスキルの伸ばし方

マネジメントにはさまざまなスキルが求められますが、ここではアセスメントスキル、コミュニケーションスキル、人材育成スキルの伸ばし方を取り上げます。

アセスメントスキル

7215-00050-2

アセスメント(assessment)には、「評価」や「査定」という意味があります。アセスメントスキルとは、部下の能力の把握と的確な人員配置を行う能力のことです。

部下一人一人の能力を最大限に発揮するためには、管理職は部下の能力を的確に把握し、どのような仕事を任せれば良いのかを判断する必要があります。このようなアセスメントスキルを伸ばすためには、部下をよく観察する習慣を身に付けることが有効です。

人は誰しも思い込みで他人を判断してしまう傾向がありますが、先入観を持たずに部下を観察しましょう。客観的な視点から見ることにより、部下が短所や欠点ばかりではなく、さまざまな長所や強みを持っていることに気付くでしょう。

コミュニケーションスキル

かつては上司の背中を見せれば部下が黙ってついて来る時代でしたが、現在では部下を放置していてはそっぽを向かれてしまいます。管理職は部下と積極的にコミュニケーションを図り、信頼関係を築かなくてはいけません。

コミュニケーションスキル向上のポイントは、相手が話しかけてくることを待つのではなく、自分から相手に話しかける姿勢を持つことです。話し方も大切ですが、相手を気遣いながらコミュニケーションをとれるように心掛けてください。

人材育成スキル

7215-00050-3

人材の成長なくして、会社の成長はありません。部下をうまく動かすだけでなく、育てることも管理職の仕事です。現場のリーダーを任命し人員配置を終えた後は、できるだけ実作業は現場に任せましょう。いつまでも事細かに進捗を確認し、作業内容にも口を出し、指示を出すようでは、部下の自主性や主体性を養うことはできません。

部下のモチベーションを上げる方法の立案や実行は、人材育成スキルのアップにつながります。「部下一人一人に適切な目標を設定させる」「業務がどのようにお客様に役立っているかを部下に説明する」「取引先の意見を部下にフィードバックする」など、部下のモチベーションを上げるためのさまざまなアイデアを出して実行しましょう。

おわりに

管理職の役割は、野球チームの監督のようなものです。上手に部下を動かすスキルがマネジメントスキルであり、自分で実作業をこなしている限りスキルは磨かれません。自分が抱えている業務を少しずつ部下に任せ、部下の成長を促すことが重要です。

ban_cat_new
  • このエントリーをはてなブックマークに追加